シミ取り化粧品ならこれ

私は数年前顔のシミを取りました。
小さなシミだったらきっと、あーシミができてるーぐらいで放置しておくと思うのですが、結構目立つ所に大きく丸いシミがいつのまにかできていて、
髪を一つに束ねたりすると目立って、コンシーラーもあまり効果がないぐらいでした。化粧はそんなに濃い方ではなかったので、写真を撮った後後日それを見てみると、丸が浮き出ていたので、これはなんとかせねば!と思うようになりました。

思えば顔のシミってニキビや吹き出物ぐらいの勢いで気になるもの。まずはケシミンを毎日ぬりぬり。しかし潤っただけで何も変化はない。シミ取り化粧品です。

次に色の合ったコンシーラーを探してぬりぬり。一瞬だけ見えなくなるも、すぐ見えてくるシミ。

その次にはエステ、ペンシルのようなものでクルクルシミを削り?取るような方法でした。確かに、薄くなったような、しかも、目に見えて残る顔のシミのカス…。
おー、痛くもないし、いいかも、と思ったものの、一度ではなくならない、しかも小物にしか効かないもよう。

そんな時に思い出したのが皮膚科のレーザーシミ消し。そういえば、それよりもっと前に母が顔のシミを市民病院で取ったとかなんとか。
しかも3個も。おまけに値段は1つ5000円。母が自慢げに言っていた頃はシミ?レーザー??5000円?!たっかー!!
と思ってバカにしていたのを覚えています。私にシミが全くなかった頃です。
しかし私がシミについて調べていくうち、母のシミ取り5000円が安いと判明。最初は美容皮膚科へ行こうと思っていたのですが、母が取ったのは市民病院。
市民病院かぁ、うーん、という訳で、単なる皮膚科で顔のシミ取りをすることに決めました。
皮膚科だから市民病院ぐらいの価格で、高くても一万円は超えないだろうなって思っていましたが、結局1万円でした。
結果、シミは完全にはなくならなかったものの、気にならないほどうっすくなりました。

その後様子見で何回か通院したので、もう少し費用がかさみましたが、結構気にしてストレスになっていたので、シミ消しして良かったと思います!
コピペチェックをする