私は数年前顔のシミを取りました。
小さなシミだったらきっと、あーシミができてるーぐらいで放置しておくと思うのですが、結構目立つ所に大きく丸いシミがいつのまにかできていて、
髪を一つに束ねたりすると目立って、コンシーラーもあまり効果がないぐらいでした。化粧はそんなに濃い方ではなかったので、写真を撮った後後日それを見てみると、丸が浮き出ていたので、これはなんとかせねば!と思うようになりました。

思えば顔のシミってニキビや吹き出物ぐらいの勢いで気になるもの。まずはケシミンを毎日ぬりぬり。しかし潤っただけで何も変化はない。シミ取り化粧品です。

次に色の合ったコンシーラーを探してぬりぬり。一瞬だけ見えなくなるも、すぐ見えてくるシミ。

その次にはエステ、ペンシルのようなものでクルクルシミを削り?取るような方法でした。確かに、薄くなったような、しかも、目に見えて残る顔のシミのカス…。
おー、痛くもないし、いいかも、と思ったものの、一度ではなくならない、しかも小物にしか効かないもよう。

そんな時に思い出したのが皮膚科のレーザーシミ消し。そういえば、それよりもっと前に母が顔のシミを市民病院で取ったとかなんとか。
しかも3個も。おまけに値段は1つ5000円。母が自慢げに言っていた頃はシミ?レーザー??5000円?!たっかー!!
と思ってバカにしていたのを覚えています。私にシミが全くなかった頃です。
しかし私がシミについて調べていくうち、母のシミ取り5000円が安いと判明。最初は美容皮膚科へ行こうと思っていたのですが、母が取ったのは市民病院。
市民病院かぁ、うーん、という訳で、単なる皮膚科で顔のシミ取りをすることに決めました。
皮膚科だから市民病院ぐらいの価格で、高くても一万円は超えないだろうなって思っていましたが、結局1万円でした。
結果、シミは完全にはなくならなかったものの、気にならないほどうっすくなりました。

その後様子見で何回か通院したので、もう少し費用がかさみましたが、結構気にしてストレスになっていたので、シミ消しして良かったと思います!
コピペチェックをする

毛穴の黒ずみをとるには

顔には大体20万個の毛穴があると言われています。

その中でも黒ずむのは皮脂が出やすい鼻、あご、額のTゾーンの毛穴です。

この黒ずみは過剰に分泌された皮脂が酸化してできたものです。

また取りきれなかった古い角質が酸化した皮脂と混じって角栓となり

毛穴を開くので、より黒ずみが目立ってしまいます。

皮脂の量はもともとの肌質もありますが

油分や糖分の多い食事も皮脂の元になるので注意が必要です。

黒ずみを無くすには過剰に分泌されている皮脂を取り除き、

毛穴のつまりを解消し、スッキリさせるケアが効果的です。

ただ闇雲に皮脂を取りすぎると、肌が乾燥してしまいます。

またゴシゴシこすっても皮脂は取れないので色素新着の元になる、

こすり過ぎも注意が必要です。

肌になるべく刺激を与えず、汚れや過剰な皮脂、古い角質を取り除くパックや

洗顔料を選びましょう。

まず洗顔はスクラブ配合のものを使って毛穴の奥まで大掃除するといいでしょう。

その後黒ずみを元に戻すさっぱりめの美白化粧水でキチンと掃除した毛穴を引き締めます。

スチームを当てながら保湿剤の入ったパックをすると肌が引き締まり毛穴が目立たなくなります。

またホームケアだけでなくサロンでのケアも効果的です。

洗顔料やパック、化粧水など揃えていくと意外とお金がかかるものです。

夏だけと割り切って何度かサロンに通うと非常に効率的にケアが行えます。

今はリーズナブルな毛穴専門のコースがあるサロンもたくさんあるので

情報を集めてみるのもオススメです。

あなたご自身が肌のシミやソバカスを解消したり、シミやソバカスができるのを防ぐとすれば、基本は肌の健康をしっかり保つことです。また逆に肌を不健康にする紫外線を予防するなど、肌の健康を守るためにしっかりと無用な刺激を回避することです。
肌の健康を保つためには、肌の新陳代謝を高めたり、肌の主成分となりうるコラーゲンをしっかり吸収して、コラーゲン合成を促進するビタミン・ミネラルを補ってやるなどのケアをしっかり行ってやりましょう。
そして肌の健康のために無用な刺激を回避するためにも、紫外線の予防も重要です。むやみに日焼けしないこと、焼きたくない場合やシミやソバカスが気になる場合は、日焼け止めを使うこと。これらの基本的な対策をおろそかにしないようにするな、紫外線から悪影響を受けないようにするために行動することが大事です。 でも、できてしまったシミやソバカスがあればどうすればいいのでしょう。基本は肌を健康にすることであり、肌の健康に欠かせない成分であるビタミンCを活用したコスメが効果てきめんです。
最近愛好者が多く人気になっている「メラノバスター」など、最近ではシミやソバカスに直接作用するクリームが発売されるようになりました。それに加えて、肌の新陳代謝には欠かせない新しい肌を作るための主成分「コラーゲン」を含んだフェイシャル商品等を使えば、できてしまったシミやソバカスの対策もばっちりです。
また同時に、さまざまなシミやソバカスの対策の過程で、自分の肌の性質をしっかり理解することも大事です。肌質と言うのは年齢や環境とともに変化するものですから、自分の肌の性質にしっくりくる対処をすることが欠かせません。いくら世間で評判がいいからと言って自分の肌でも同様に効果があるとは限らないので、自分の肌のことを知る努力もしましょう。
もちろん、どうしても自分でシミやソバカスへの対応ができなかったら、美容整形外科へお世話になることもいいでしょう。確実に効果が出る方法を望むならこの方法です。